ヘッダーイメージ

本文へジャンプ
ホーム
提案とひきこもり
バリアフリーアンケートメイクと高齢者まとめEnglish
サイトマップ
私たちの提案
ひきこもりの原因と現状
ひきこもりとは…

「仕事や学校に行かず、かつ家族以外の人との交流をほとんどせずに、6か月以上続けて自宅にひきこもっている状態」を「ひきこもり」と呼んでいます。

「ひきこもり」は、単一の疾患や障害の概念ではなく、様々な要因が背景になって生じます。ひきこもりのいる世帯数は、約32万世帯とされています。


ひきこもりの原因と現状
ひきこもりになったきっかけは人それぞれだが社会全体のひきこもりの原因を見てみると「職場になじめなかった」(23.7%)と「就職活動がうまくいかなかった」(20.3%)を合わせると44.0%となり、仕事や就職に関するきっかけによってひきこもった方が多いようです。「不登校(小学校・中学校・高校)」(11.9%)や「大学になじめなかった」(6.8%)は、合計しても18.7%にとどまっています。
しかし、ひきこもりの人数は年々増加しています。
私達高校生の主な引きこもりの原因は、過去にトラウマを持っていたりコンプレックスを抱えていたり、自分の事が嫌いだったり、自分には価値がないと思っている人が多いようです

メイクの力
「メイクが決まったり、自分の欠点がカバーできるとそれだけで気持も上がるし、自信がつく」という声が多いです。
メイクをする事によって新たな自分に出会うことができ、前向きになれます。
メイクは人生を前向きに明るく生きるツールにすぎませんが自分を変える第一歩としてメイクをしてみませんか?
参照:
内閣府ホームページ 
GODMake.
メイクで明るく前向きに!!